スポンサーリンク

ファミ通記事で判明!バフバロはどこにでも出現するお邪魔モンスらしい!

ファミ通の公式サイトにてバフバロの生態などについて紹介されたぞー

『モンスターハンターワールド:アイスボーン』開発陣インタビュー。バフバロは各地に出現する?【E3 2019】」参照!

 

 

※記事内より引用。

 


(中略)

藤岡 バフバロは『MHW:I』のストーリーを進めていくと、けっこう早い段階で遭遇するモンスターなので、新たなアクションをある程度試しやすいバランスにしています。ちなみにバフバロは、渡りの凍て地にしかいないと思っている方が多いと思いますが、ほかのフィールドにも出現するんですよ

――そうなんですか! 従来のフィールドにも出ると。

藤岡 乱入モンスターのような感じで、さまざまな場所に出現します。

――ということは、バゼルギウスやイビルジョーのような存在……?

藤岡 イビルジョーというより“ふとしたらそこにいる”くらいのふわっとした感じで、その場の状況を変化させる存在です。序盤から中盤にかけて、いろいろな場面で使たいいモンスターとして設計していますので、バフバロ単体では突進がメインのシンプルな動きをするようにしました。ほかのモンスターと絡ませるときに、複雑な動きをさせると場が混乱しすぎてしまいますから。

――バフバロ単体ではぶっ飛ばしの練習にうってつけだと感じたのは、そういう設定になっていたからなのですね。

(中略)


 

 

というわけで渡りの凍て地以外のフィールドにも出現するそうです。海を泳いで渡ってきたんでしょうか。各フィールドの岩や木を利用したら面白いですね。(でもたぶん岩を掘り起こすだけじゃないかなぁ)

実際のところ辻本Pの実機プレイではめちゃくちゃティガに絡んでかなり邪魔でした。お邪魔モンスとして名を馳せるかもしれません。

 

(肥やし玉全弾発射用意!)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめに

インタビューの最後に辻本Pから

辻本 未発表のモンスターも当然まだいますので、今後もさまざまな情報を出していきます。まだまだ遠い未来に感じている方も多いかもしれませんが、残り3ヵ月しかないんですよね。続報も濃いものになりますので、どうぞご期待ください。

とありました。続報にも期待していいそうです。E3での発表はひと段落したので、次の大きな発表は1ヵ月後くらいでしょうか。またその前に体験版が来るかもしれませんね。公式twitterに注目です!

コメント

  1. 瘴気の谷の歴戦ガロンバルキンに必ずバゼクソがいるとかいうふざけた仕様がなくなるなら何でもいいや

  2. バフバロは非敵対モンスターだしむしろバゼルから乱入枠を奪ってくれるみたいな活躍も期待してる

  3. 割とどこにでもいて、程よく弱い非討伐対象お邪魔モンスでメイン攻撃が突進…。
    ドスファンゴやんけ

タイトルとURLをコピーしました