スポンサーリンク

エンシェントレーシェン弱体化調査!スリンガーによるワープ妨害は効果的!

今回はエンシェントレーシェン弱体化のために必要なポイントについて調べてきました。2月25日にパッチが当たりエンシェントレーシェンに対して「イグニやスリンガー弾の効果を高める等の調整」が行われました。

 

※公式サイトより引用

「依頼:森の精霊」のエンシェント・レーシェンの最終フェーズにて、ワープの頻度を落とし、イグニやスリンガー弾の効果を高める等の調整を行うことで弱体化を狙う手段の有効性を高める調整を行いました。

 

このように説明されているのですが、この一文だけじゃよくわからないですよね。ワープの頻度が落ちたのは体感できるんですが、他の部分がよくわからなかったので調べてきました。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エンシェントレーシェン弱体化について

まず前提としてエンシェントレーシェンは「ゲラルト一式のイグニの印、ハンターのルーン石、スリンガーによるワープ阻止」を受けると弱体化に必要な蓄積地がたまっていき一定値になると弱体化状態となる。弱体化するとダウンしニクイドリがいなくなる。その後しばらくの間ゆっくりと歩いて攻撃してくる。攻撃が弱くなり動作が遅いため攻撃チャンスとなる。

今回のパッチではこの蓄積値に変更があったことが明らかになりました!

 

 

弱体化調査結果!

弱体化に必要な数値を100とした場合の蓄積値一覧。()内はそれのみ使用した際の必要回数

ゲラルトのイグニの印:20

ハンターのルーン石:15

スリンガーによるワープ阻止:13.5

上記の3つの手段でのみ蓄積値がたまります。単独で使う場合、イグニの印では5回、ルーン石では7回で弱体化させることができます。蓄積値はニクイドリがいる時だけたまります。意外なことにワープ阻止はルーン石1回に近い蓄積値があることがわかりました。弱体化させたいときは積極的に狙うと良さそうです。

 

※その他注意事項

・スリンガーの弾による違いは無い模様。
・上記の数値はイグニを20を前提とした推定値です。
・龍封力と滅龍弾について試しましたが蓄積は行われませんでした。
・一覧の数値はいくつかの組み合わせで蓄積値を確認し最適と思われる値です。

 

 

ひるみ調査結果!

イグニの印では3回ごとに1回、ルーン石では4回に1回怯みます。マルチの場合は全員でカウントされるので、4人同時にルーン石を撃てば必ず怯みます。回数を重ねても耐性はつきません。上記の弱体化ダウンと組み合わせるとかなりの頻度で攻撃チャンスを作ることができます。

 

 

まとめ

レーシェンを弱体化させたい時は、ルーン石を当てたあとツブテの実などでワープを阻止すればよいということがわかりました。

注意点として、後半はワープのモーションが早くなりモーションを見てからスリンガーを撃っては間に合わないので先読みして撃つ必要があることと、エクリプスカラスや拘束攻撃に備えて閃光弾の装填も素早くできるようにしておく必要があります。

加えてレーシェンのハジケくるみなど怯みが発生する弾で怯ませると攻撃をキャンセルしてワープすることが多く、攻撃チャンスがつぶれることもあるので注意。ツブテの実が弾数も多くおすすめです。

おまけ情報ですが、弱体化させたレーシェンがゆっくり歩く時、ターゲットになったハンターがゆっくりレーシェンから離れ続けると味方の攻撃チャンスを作れます。

実際のところ野良ではルーン石を使う人が少ないんですよね~。弱体化させれば死因が減るし攻撃チャンスにもなるからもっと使おうぜ~

 

追記:動画で確認したところ最終エリアでは必要な蓄積値が倍になるようです。全員で狙わないと弱体化は難しいですねー

コメント

  1. へぇ〜結構勉強になった

  2. 一番ワープが多くなるエリア4はワープ動作速すぎてモーション見てからスリンガーが出来ないというジレンマ
    ツブテ連打しつつ接近でもすりゃええのかね

  3. 1番厄介な最終エリアでは弱体化しないので結局殴ったほうがはやいですよねー

  4. いや最終エリアが中央に移動のとき洞窟内に移動したとき追いかけて戦うのやめようや3乙でそれまでの二十分パーやがな

  5. >コメント4さん
    最終エリアでも弱体化はします・・・が、確認したところ必要な蓄積値が倍になっているようです。本文に追記させていただきました。

  6. マルチではよほど意識しない限り無理だろうねぇ…
    結局頭破壊を最終エリアまで残して一気に畳みかけるのが一番安定しそう

  7. 弱体化前でもみんなもう結構慣れてそこそこ早く回せてたが、依然倒せない人はなんだかんだでいるらしいから、意味のある弱体化だわね

タイトルとURLをコピーしました