ファミ通情報:モンハンワールドが『ファミ通アワード2018ゲーム・オブ・ザ・イヤー』を受賞!

スポンサーリンク

ファミ通アワード2018 ゲーム・オブ・ザ・イヤーは『モンスターハンター:ワールド』と『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』がダブル受賞しました!

※ファミ通公式サイトより引用

“ファミ通アワード2018”は、2018年1月1日~2018年12月31日までに発売または配信された家庭用ゲーム機のソフトや、スマートフォンや携帯電話、PCなどで、2018年の時点でサービスが行われているゲームを対象に、ユーザーから厚く支持され、かつゲーム業界の発展に多大な貢献をしたと認められる、優れたゲームを表彰する祭典。ファン投票によって受賞作を選定するもので、2005年の初開催から数えて14回目を迎える。

 2018年を代表するソフトに贈られるゲーム・オブ・ザ・イヤーは、“ファミ通ゲームアワード2017”に続き、2作品が選出。『モンスターハンター:ワールド』と『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』の2本がゲーム・オブ・ザ・イヤーの栄冠に輝いた。

※記事中から抜粋:辻本Pからコメント

辻本氏は「今回、世界同日発売ができたのも、これまでのシリーズを育てていただいた日本のファンのお陰です。ですので、日本でこのような賞をいただけたということは、本当にうれしく思っています。ここで歩みを終わらせるつもりはありません。これからもユーザーといっしょに走り続けていきたいと思っていますので、これからもよろしくお願いします」と、今後の活躍を期待させてくれるコメントが飛び出していた。

●管理人の感想

2018年内の売上本数もモンハンワールド1位、スマブラ2位なのでまぁ妥当な結果かと思います。辻本P「これからもユーザーといっしょに走り続けていきたい」というコメントもあり、今後も期待できそうです。(ユーザーが先に走っていて辻本Pは歩いてるみたいな印象が無くもないですが。)

というわけで小ネタでした。現在ハイレゾPC版とPS4版の比較画像を作成中!結構手間かかるので公開は少し時間かかるかもしれません。少々お待ちを。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする