中国政府がゲームの認可プロセスを再開したらしい。モンハンワールドも認可されるかも?

スポンサーリンク

中国政府がゲームの認可プロセスを再開したとの情報が入ってきました。

参考:4gamerさんの記事

中国政府がゲームの認可プロセスを再開。新たに承認した30タイトルを発表

https://www.4gamer.net/games/999/G999905/20190402100/

(「一撃超人:最強之男」ってワンパンマンのことっぽいネ)

経緯から説明しますと、2018年の8月にモンハンワールドの中国での販売元である企業「テンセント」が中国政府の認可が下りていない状況でモンハンワールドを売り出し、その後中国政府から注意を受け返金を行った経緯があります(ダウンロード版なので回収はできてないけどザックリ説明するとそんな感じ)。

また中国政府は2018年初頭から新規のゲームの認可を行っておらず、海外の全てのゲームの販売を許可していない状況であることが判明しました。その後も認可を行わない状況が続いていたのですが、認可を再開したというのが今回のニュースです。

今回認可された30タイトルにモンハンワールドの名前はありませんが、もしかすると今後認可が下りるかもしれません。以前辻本Pが「アジア圏での反響がすごい」と言っていたので、モンハンワールドの売り上げ本数が伸びる可能性があります。しかしプレイしたい人はもうスチーム版に移行していてPC版は伸びなかったりする可能性もあります。どうなりますかね。

というわけでちょっとしたニュースでした。明日4月4日はPC版で高画質版の「High Resolution Texture Pack」が配信されます。比較画像などをつけて紹介したいと思いますので乞うご期待。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『中国政府がゲームの認可プロセスを再開したらしい。モンハンワールドも認可されるかも?』へのコメント

  1. 名前:ななしのハンターさん 投稿日:2019/04/03(水) 19:52:48 ID:60b09c926 返信

    中国に産まれなくてつくづくよかったなぁと思うよ

  2. 名前:ななしのハンターさん 投稿日:2019/04/03(水) 21:44:40 ID:615a69000 返信

    やっぱりゲームは日本だぜ