ゲーム機の新時代到来か!?Googleが新ゲームプラットフォーム『STADIA』を発表!管理人の感想を述べてみる

スポンサーリンク

2019年3月20日午前2時頃、Googleの基調講演『Google GDC 2019 Gaming Announcement』にて新ゲームプラットホーム「STADIA(スタディア)」が発表されました。

ストリーミング再生を利用したハードの存在しないプラットフォームです。

「STADIA」概要

・ストリーミングでのゲームプレイになるため、PC、テレビ、タブレット、スマートフォンを問わずにプレイ可能。

・上記は専用のコントローラーの画像。既存のコントローラーでもゲームプレイできる。

・回線速度やラグなどの問題はGoogleのデータセンターと最新技術が担保することを強調。

・GPU Teraflopsは10.7。参考(PS4 Pro4.2とXbox One X6.0)

●その他の特徴

・Googleの19リージョン、58ゾーン、200以上の国・地域に設置したデータセンター上でゲームが動作
・インターネット上を通じてデバイスとやり取りされるため、ハード性能にはとらわれない
・YouTube上で視聴して購入ボタンを押すと、5秒でゲームが起動しプレイできる
・YouTubeでストリーム中の対戦マルチへボタンひとつで参加する「Crowd Play」
・ダウンロードやインストール、パッチのアップデートなどは不要
・プレイ中のゲームを数秒で別のハードへと移行できる(例スマホ→TV)、そのままYoutubeへ動画のアップロードも可能
機能を集約(キャプチャボタンなども搭載)した「STADIA Controller」も出る
・4K/60fps/HDR/サラウンド音声動作。8K120fpsでの動作も将来的に対応
・既存のLinux、Valkan、Unreal Engine、Unity、havokといったエンジンや技術にも対応
・独占タイトルもリリース予定。ローンチは100以上のタイトルに対応する
・「STADIA」は2019年に展開予定。ローンチ時に対象となるのはアメリカ、カナダ、イギリス、ヨーロッパの4地域。

●基調講演動画(英語)

Google GDC 2019 Gaming Announcement

メリットとデメリットを考えてみた!

STADIA」について現時点でわかっている情報からメリットとデメリットを3つずつ考えてみた。

メリット

・1台3万~5万するゲーム機を買う必要がない。故障の心配もない。

→かわりに月額料金などがかかる可能性有り。通信が必須となるため通信費も考慮に入れなければならない。

・GPU Teraflopsは10.7。PS4 Proは4.2、Xbox OneはX6.0。

→単純に考えてPS4 proの2倍以上の性能。長期的に見れば性能をさらに上げることも可能と思われる。

・ダウンロードやインストールの必要がない。

→特筆するほどのものでもない気もするが、安定して通信できる環境であれば手軽にプレイできるのは魅力。

デメリット

・遅延が発生する可能性がある。

→FPSや格闘ゲームでは致命的となる「遅延」。回線速度やラグなどの問題は、Googleのデータセンターと最新技術が担保することを強調している・・・が、こればかりは始まってみないとわからない。ユーザーの最大の注意点であり関心事であろう。ただしRPGや対人でないゲームであれば大きな問題にならないであろう。

・低画質の恐れ

→利用者の回線状況次第で画質の劣化が起こる可能性がある。大画面ならばなおさらだろう。ユーザーの利用回線、LANコードの質やサーバーまでの距離も影響するだろう。

・ネット環境がなければプレイできない

→Wifiでの接続を想定している模様で、安定した通信環境がなければ起動できない可能性が高い。携帯ゲーム機と違い移動中の車の中などでのプレイは難しいかもしれない。また、サーバーダウンを起こす可能性も否定できない。

参考:現在運営中のストリーミングゲームサービス一覧

ソニー  →2014年からPlayStation Now
Nvidia  →2015年からGeForce NOW(PCのみ)
Google  →STADIA発表、今年開始予定(Project Streamとして去年からベータ中)
Microsoft →Project xCloud(3月に正式発表予定、年内オープンベータ予定)
Amazon →ゲームストリーミングサービス立ち上げ(2020開始予定という噂)

※任天堂は無い模様。

「STADIA」とは少し状況が違うかもしれないが、上記のサービスでも遅延や低画質による問題が聞かれる。なかなか一般化しない理由でもありそうだ。

管理人の感想

自宅でプレイするならストリーミングのメリット薄く、むしろ遅延のデメリットが大きい気がします。遅延がどの程度発生するかについては多数のユーザーが同時アクセスするサービス開始時にならないとわからないですが不安がかなり大きいです。「STADIAでFPSwww」とか言われたりするかも。Googleは技術力で解決すると言っていますがハテサテ・・・。

ただデータが全てサーバー保存になるのでチートがほぼ行えなくなるのは大きなメリットだと思います。基調講演の動画でも説明がありました。

もう一つ違った視点で見れば、STADIAが大成功するとゲーム業界が一変するでしょう。まずゲーム機を買う必要がなくなります。ゲーム機メーカーの任天堂やソニーは大ダメージでしょう。ソフトも現物が存在しなくなるのでゲーム屋が死んじゃいます

ただしSteamなどのオンライン系ゲームは生き残ると思われます。ゲーム専用機は絶滅し遅延が致命的となるゲームはPCで、それ以外はSTADIAで、という流れになる可能性もあります。スマホアプリは低速の通信でもプレイできるので影響を受けなさそうですね。

現実的なラインで今後を予想すると、例えばモンハンワールド2が「PS5が5万円でソフト8000円」と「STADIA利用料が月額1000円(仮)+ソフト8000円」のような形で販売される可能性があります。そうなったら消費者はどちらを選ぶか気になりますね。

STADIAが勝ってゲーム機メーカーを駆逐することになるのか、負けて消滅するのか、はたまた住み分けする形となるのか?正式サービス開始に注目ですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『ゲーム機の新時代到来か!?Googleが新ゲームプラットフォーム『STADIA』を発表!管理人の感想を述べてみる』へのコメント

  1. 名前:ななしのハンターさん 投稿日:2019/03/20(水) 18:21:22 ID:bd40e73c4 返信

    画質は命だなぁ〜

  2. 名前:ななしのハンターさん 投稿日:2019/03/24(日) 14:59:13 ID:46b1d7280 返信

    明日でこのゲームの提供終了しまーすとか言われるとそのゲームを永久にプレイできなくなるし、セーブデータが運営管理になるのはバックアップが取れない、個人情報を抜かれるなどのデメリットも多い。課金形態もMHWみたいにソフト売り切りならばいいけど、オンゲーみたいに月額利用料いくらみたいに取られだすと今より負担が増す可能性もある。当然メンテナンスでゲームプレイできません><という事もありうる。要するにゲームメーカーの思い通りにユーザーがコントロールされかねないので私は普及して欲しくないですね。

  3. 名前:ななしのハンターさん 投稿日:2019/03/24(日) 20:19:46 ID:f2075ab26 返信

    黎明期はSTADIAと据え置きのダブロンチって形になるだろうがそうすると上記にある遅延による影響は大きいだろうな
    某ソシャゲみたいに回線による優劣が結構大きく出ると思う
    5Gが復旧してこの通信の問題がどの程度改善されるかによってだなぁ