【MHW】歴戦王ゼノジーヴァを事前攻略!肉質や特性をおさらい!

スポンサーリンク

11月16日から配信予定の「歴戦王ゼノ・ジーヴァ」。この記事では肉質や攻略法を攻略本などを元にざっくり解説するよ!生まれたての歴戦王というツッコミは今更なのでやめておくことにする。

※下記は通常個体のゼノジーヴァの情報です。歴戦王では多少の変更があると思われます。

肉質

細かい数値は載せられないが基本的に肉質が柔らかく、ざっくりいうと後ろ足以外は柔らかい。また、臨界状態(胸部が赤く光る)になると肉質が大幅に柔らかくなり、斬・打の攻撃が全部位で弱点特効が有効になる。また、頭と前脚は部位破壊後、その部位の肉質が10(弾のみ5)上がる。

斬・打ともに頭・胴・胸部・前足がねらい目。また、臨界状態では胸部の斬が100、頭部の打が100とものすごく柔らかくなる。後ろ足の斬・打の肉質も50になるので状況次第では攻撃もアリ。弾は斬・打に比べればやや硬め。貫通攻撃対策と思われる。

属性肉質については火と龍が15~20。それ以外の属性が通常時10、臨界状態30という感じ。いずれにしても臨界状態でなければ10~15程度なので属性オンリーでの攻撃はやや効率が悪いと思われる。

攻略

睡眠・減気・乗りは効かない。毒・気絶・麻痺・龍封は効く。ただし麻痺は耐性が高い。(そういえば麻痺になったの見たことないな)

・エネルギー蓄積について

時間経過で各部位にエネルギーがたまり白く発光し、その部位からの攻撃が強くなる。その部位を攻撃しひるませることで、蓄積が0になり強力な攻撃を抑制することができる。蓄積が0になる際、エネルギーの一部が胸部へ流れる。胸部のエネルギーが一定になると臨界状態になり飛行や蛇行ビームなど強力な攻撃をしかけてくるようになる。

→どの道、攻撃してれば臨界状態になるのであまり考えても仕方がない特性の模様。龍封で蓄積値を減らしたりできるかもしれないが未確認。

必要な防御性能

ガード強化については、レーザー系の攻撃は全て必要。単発のブレスなどそれ以外は不要。レーザー系・ブレス系は無属性。ただしレーザーで発生する赤熱だまりは火属性。龍脈エネルギー噴出(地面打ち抜くやつ)は龍属性。臨界状態になるときに龍風圧が発生するが、わざわざ対策する必要はないと思われる。

まとめ

管理人は弱いと予想しています。問題は体力ですね。異常な体力で周回が面倒になる気がしてならない。

双剣の空中乱舞を当てると頭から尻尾までガリガリガリっと超多段ヒットするよ!打ち上げ攻撃が必要になるので友達とやってみよーう(・ω・)ノ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『【MHW】歴戦王ゼノジーヴァを事前攻略!肉質や特性をおさらい!』へのコメント

  1. 名前:ななしのハンターさん 投稿日:2018/11/15(木) 16:20:18 ID:38f9a98c3 返信

    200回くらい狩ってるけど臨界状態とは別の強化状態があるってことを最近知りました

  2. 名前:ななしのハンターさん 投稿日:2018/11/15(木) 22:24:16 ID:27ee0758b 返信

    車庫入れ改善されてなかったらうんちすぎる…
    ゼノがつまらない原因

  3. 名前:ななしのハンターさん 投稿日:2018/11/16(金) 00:59:20 ID:c0cf15756 返信

    歴戦王ゾラの二の舞やろこいつ