【MHW】カプコンが子会社の開発中止損45億円を計上するもMHWの好調でカバーできる模様

スポンサーリンク

カプコンの子会社が開発中止損45億円を計上しました。

公式サイトの告知から引用


開発中止損の計上に関するお知らせ

当社は、2019年3月期第2四半期連結業績(2018年4月1日~2018年9月30日)において、下記のとおり開発中止損を計上する見込みとなりましたので、お知らせいたします。

1. 開発中止損の計上

当社の連結子会社であるカプコン・ゲーム・スタジオ・バンクーバー, INC.は、海外市場向けの家庭用ゲームソフトの開発を主に行っておりますが、一方で当社は世界トップクラスのコンテンツ制作に取り組み、開発リソースの選択と集中を進めております。

その観点から同社の開発中のタイトルについて見直しを行った結果、この度、2019年3月期第2四半期連結業績において、開発中止損約45億円を売上原価に計上する見込みとなりました。

2. 今後の見通し

通期業績予想につきましては、今年1月の発売から大旋風を巻き起こした『モンスターハンター:ワールド』のパソコン向けスチーム版が8月配信から予想以上に好調に推移していることなどもあって、2018年5月8日公表の連結業績予想に変更はありません。

また、中間配当額および期末配当額につきましては、同日発表の公表値と変更はありません。

以上


デッドライジング4を開発していた会社のようです。5の開発を中止したんですかね。しかしスチーム版のMHWが予想以上に好調ということで、連結業績予想は変更しないということです。

管理人的に気になるのがこの一文。

世界トップクラスのコンテンツ制作に取り組み、開発リソースの選択と集中を進めております。

きっとモンハンワールドに注力していくということに違いない。そう都合よくとらえておこう(*´ω`*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『【MHW】カプコンが子会社の開発中止損45億円を計上するもMHWの好調でカバーできる模様』へのコメント

  1. 名前:ななしのハンターさん 投稿日:2018/09/19(水) 11:02:40 ID:c2c6b078b 返信

    モンハンでこれだけ売上出たら会社としては続編考えるだろうし期待できるね!ワールドg商法するのかは気になるところだが。