【MHW】モンハンワールドの累計本数が830万本を突破!

スポンサーリンク

2018年7月30日、カプコンから『2019年3月期決算短信』が発表されました!

決算短信というのは、簡単に言うとカプコンの2018年4月~6月末までの売上や収益について、報告があったということです。それに関係したプレスリリースの中に累計販売本数について一文が記載されていました。

・カプコン公式ページ

2019年3月期第1四半期の連結業績は、前年同期比で売上高46.5%増、営業利益550.8%増と増収増益

※一部引用

当第1四半期は、近年安定して成長を続けるデジタルコンテンツ事業において、前年度に投入した『モンスターハンター:ワールド』がユーザー層の拡大により人気を持続し、累計830万本に到達したほか、新作『ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション』が計画を上回り健闘しました。また、利益率が高いリピートタイトルが堅調に販売を伸長する等、同事業が収益を牽引した結果、第1四半期決算としては過去最高の営業利益を記録しました。

ということで6月末時点での累計本数は830万本とのことです。(出荷本数なのか販売本数なのか記載されていないのですが、いくつかのニュース系サイトでは販売本数と書かれています)

800万本の出荷本数が確定したのは4月16日時点。それから6月30日までに830万本ということでボチボチ伸びているようです。大抵のゲームソフトは初動が8割9割ですから大方の予想通りというところでしょうか。

となると気になるのが1000万本の達成です。8月10日に全世界でパソコン版が発売されます。北米ではパソコンでのゲームユーザーがかなりの多いことと、中国でのパソコン版の予約が100万を超えているということを考慮すると・・・

ちょっと微妙なラインですが、カプコンはMHWがかなりの売り上げを出すと予想しているみたいだし、きっと達成することでしょう。

パソコン版のコマーシャルとしてロードマップを発表!みたいになってくれたらと、淡い期待を抱く管理人でありました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする