【MHW】モンハンワールド用パソコンの購入のポイントを解説!

スポンサーリンク

PC版モンハンワールドの最低・推奨環境が公開されました。それに合わせてパソコンの購入を検討している人向けの記事です。必要スペックを満たしつつコストパフォーマンスを重視した内容になっています。

いきなり結論

結論から言うと※BTOのゲーミングパソコンの購入をおすすめします。また、グラフィックボードだけの買い替えを検討している方は「電源パーツ」の容量に注意しましょう。電力不足でゲームが起動しない可能性があります。

※BTOとは:BTOショップに選んだパーツでパソコンを組み立ててもらい購入する方法です。自分で組み立てる必要は無いですし、組み込みたいパーツを選ぶことができます。

必要スペック

それではどの程度の性能が必要になるのか?公開された必要スペックを見てみましょう。最低環境は「最低限この性能が無いと動作しないよ」という意味です。推奨環境は「この性能があれば十分に動作することを保証するよ」という意味です。

最低環境

※64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です

OS: WINDOWS® 7, 8, 8.1, 10 (64-BIT必須)

プロセッサー: Intel® Core™ i5-4460, 3.20GHz or AMD FX™-6300以上

メモリー: 8 GB RAM

グラフィック: NVIDIA® GeForce® GTX 760 or AMD Radeon™ R7 260x(VRAM 2GB以上)

DirectX: Version 11

ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続

ストレージ: 20 GB 利用可能

サウンドカード: DirectSound対応(DirectX® 9.0c以上)

追記事項: グラフィック「低」設定で、1080p/30fpsのゲームプレイが可能。

推奨環境

64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です

OS: WINDOWS® 7, 8, 8.1, 10 (64-BIT必須)

プロセッサー: Intel® Core™ i7 3770 3.4GHz or Intel® Core™ i3 8350 4GHz or AMD Ryzen™ 5 1500X

メモリー: 8 GB RAM

グラフィック: NVIDIA® GeForce® GTX 1060(VRAM 3GB) or AMD Radeon™ RX 570X (VRAM 4GB)

DirectX: Version 11

ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続

ストレージ: 20 GB 利用可能

サウンドカード: DirectSound対応(DirectX® 9.0c以上)

追記事項: グラフィック設定「高」で、1080p/30fpsのゲームプレイが可能。

はい。色々要件を並べられてもパソコンに詳しくない人は何を言っているのかわからないですね。なので個別に解説していきたいと思います。

項目ごとに解説

解説の前にあくまで管理人の考えであると前置きしますが「最低環境ではプレイしないほうがいい」ということを書かせていただきます。最低環境は「本当にギリギリ動作することはするよ?」というレベルであることが多いです。

管理人の経験では、その状態でゲームするとストレスばかり溜まり「もっといい性能だったらなぁ」とやきもきし続けることになります。最低環境は本当に最低ラインと思ったほうがいいです。

管理人は今までに5台ゲームパソコンを購入していますが性能を妥協した結果、後悔することが何度もありました。後からパーツを買い替えることとなり結局お金と手間がかかってしまった、ということが何度もあります。

お財布との相談になりますが、最初に十分な性能を持ったものを買ったほうが良いです。

では項目を一つずつ見ていきましょう。推奨環境を元に記載しています。

推奨環境と説明

OS: WINDOWS® 7, 8, 8.1, 10 (64-BIT必須)

※64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です

→Windowsについての説明はいらないでしょう。世界で最も有名なOSです。注意すべきは64bit専用ということ。最近は64bitが多いですが、中には32bitのWindowsのパソコンもあるかと思います。32bitでは動作しないので確認をオススメします。

またサポート期間の差もあるためこれからパソコンを買うならば「Windows10 64bit」一択でしょう。

プロセッサー: Intel® Core™ i7 3770 3.4GHz or Intel® Core™ i3 8350 4GHz or AMD Ryzen™ 5 1500X

→CPU「i7 3770」は現在では標準的な性能と言えます。通常、パソコンで行う作業は余裕をもってこなしてくれます。動画の編集などをしない限り性能不足で困ることは考えづらいでしょう。

ゲームによってはCPUに大きく依存しているものもありますが、MHWの場合は推奨環境として記載されているので「i7 3770」の性能で問題ないと思われます。もちろん性能が高いにこしたことはないので余裕があればもう少し上の物を使いたいところです。

メモリー: 8 GB RAM

→最近では低価格帯のパソコンでなければ8GBは普通は積んでいます。ただし負荷の重いゲームをすると7GB程度まで使うことがあります。管理人の感想を言えば「8GBでも動作するんだろうけど、16GB無いと不安」という感じです。ただし今メモリーはやや高騰しているため買いづらい環境です。メモリーは増設が比較的簡単なので「動作に支障が出るようなら増設」というのも手かもしれません。

グラフィック: NVIDIA® GeForce® GTX 1060(VRAM 3GB) or AMD Radeon™ RX 570X (VRAM 4GB)

→パソコンでゲームプレイをする際の心臓部であるグラフィックボード。推奨されている「GeForce GTX 1060 (VRAM 3GB)」はミドルクラスです。現在の価格は大体3万円前後。性能に対して価格がリーズナブルな良い品です。また、PS4proのグラフィック能力はこの製品と同じか少し下と予想されています。単純に比較はできませんが、性能的には十分なものであると言えるでしょう。

補足として上位互換のグラフィックボードとして

GeForce GTX 1080ti

GeForce GTX 1080

GeForce GTX 1070ti

GeForce GTX 1070

GeForce GTX 1060 (VRAM 6GB)

などがあります。ただし性能が高い分お値段はだいぶ高い。なお、下位互換の「GeForce GTX 1050」は安いですが最低環境レベルの性能なのでやめたほうがいいです。

というわけで「GeForce GTX 1060」が最適解と思われます。3GB版にするか6GB版にするかはお財布と相談になりますが、できれば6GB版にしたいところです。

グラフィックボードを買う時の注意点

GTX1060やそのレベルのグラフィックボードは電力消費が大きく、電源パーツの容量(ワット)が必要になります。そのため通常のゲーミングパソコンではないパソコンにGTX1060を増設すると、まず間違いなくゲームが起動しないでしょう。仮に起動できたとしても高負荷状態になると強制終了しゲームになりません。

一般的なパソコンに設置されている電源パーツは300w~350w程度なのですが、MHWをGTX1060で運用するならば、電源の容量はどれだけ低くても500wは必要になるでしょう。(管理人だったら650wないと不安になります。)。

グラフィックボードの交換に合わせて電源パーツも交換することで対応できますが、配線を外して付け直す必要があったり、電源パーツの設置タイプも考慮に入れなければならないなど、パソコンに慣れてない人にはなかなか荷が重いです。

というわけであらかじめワット数の高いものを選んでおきたいところです。

(グラフィックを落とすことで電力消費を軽減することもできますが、そこまでギリギリの環境でプレイするのはおすすめしません)

DirectX: Version 11

→普通はすでにインストールされています。されていない場合は検索から無料でダウンロードできます。

ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続

→光回線なら安心。それ以外では通信速度次第です。MHWは他のオンラインゲームに比べて通信速度の影響を受けづらい仕組み(というか受けても対戦ゲームのように勝敗に直結することがない)なので、特別遅くなければ気にしなくていいかもしれません。なお、Wifiでもプレイできますが有線LANがやはり安定します。

ストレージ: 20 GB 利用可能

→20GBは現在のハードディスク容量からすると少ないのでまず問題にならないでしょう。ただし今後のアップデートで容量が増加する可能性は視野に入れておく必要があります。

またHDDの互換としてSSDというものがあります。SSDは読み込み速度がHDDに比べて格段に速い反面、構造上寿命があること、容量に対して価格が高いという特徴をもっています。

ロード時間の短縮などを考えるとHDDよりもSSDが良いのですがSSDは寿命の問題があるのでどちらを良いとするかは個人の好みです。

サウンドカード: DirectSound対応(DirectX® 9.0c以上)

→大半のパソコンで対応しています。良い音を求めるのであればサウンドカードを購入し取り付けることもできます。

追記事項: グラフィック設定「高」で、1080p/30fpsのゲームプレイが可能。

→パソコンのゲームではパソコンの性能に見合ったグラフィックにするために「グラフィック設定」というものがあります。性能の低いパソコンで細かいグラフィックの表現をするとカクカクになりゲームになりませんが、グラフィックの解像度などを下げることで滑らかな動きを表現することができます。

公式ツイッターによると下記の項目で調整が可能なようです。

かなり細かい設定が可能なようです。一つ一つの項目については、不明な点が多いので今回は説明を避けます。グラフィック品質を調整することでパソコンにかかる負荷を増減できるという認識で良いでしょう。

その他のパーツ・アクセサリー

下記に動作条件以外のパーツなどについてまとめました。

ケース:パソコンの箱のこと。いくつかの大きさがありますが、拡張性や冷却性能を考えるとタワーかミドルタワーが良いでしょう。

CPUファン:静音ファンをおすすめします。付け替えはかなり面倒なので、多少費用が増えますが最初から静音ファンにしたほうが良いです。管理人だったら必ずそうします。

モニター:基本的にBTOパソコンはモニターは別売りなので別途購入するか、手持ちのモニターやテレビに接続する必要があります。液晶モニターの特徴として、応答速度やリフレッシュレートなど気にかけたほうが良い項目がありますが、MHWのプレイをする分にはあまりこだわる必要はないと管理人は思います(1000分の1秒を争うFPSなどをするゲーマーはかなりこだわるようですが)。最近では2万円程度で必要十分な性能の物が売っています。

他に注意点として、接続端子はグラフィックボードにより異なりますが、GTX1060など最近の物の場合ほとんどがHDMI端子です。モニター側がHDMI対応していないと差し込めないので接続可能な端子についてはスペックをよく確認しましょう。

4k対応のモニターもありますが値段が高めです。通常のモニターの上位互換と考えていいのですが、無理して買うほどの物でもないかなと思います。

なお管理人は画面の大きさ(インチ)について、「大きければ大きいほど良い」派です。

電源:最低でも650w、できれば700w以上の物が良いです。電源は本当に重要。管理人は今まで3台のパソコンが電源の故障や寿命でダメになりました。多少費用がかかってもしっかりしたものを選びたい部分です。

キーボード・マウス:付属の物でとりあえずOK。買い替えする場合も簡単。無線の物が使いたくなった時などに購入を検討しよう。

コントローラー:PS4やXBOXのコントローラーは、Windowsやコントローラー自体が対応しているのでUSBでコントローラーを接続するだけで問題なく動作してくれます。なお、環境によってはドライバーの更新なども必要になることがあります。

PS4のコントローラーの接続方法について説明されたサイトを見つけたので掲載させていただきます。

PS4コントローラーをSteamで利用する方法(PCと接続する方法)

どこで買うべき?BTOショップいろいろ

おすすめの購入先のBTOショップについて書いておきたいと思います。ドスパラやTUKUMO、パソコン工房などありますが、価格についてはどのショップも大体同じです。特別安いショップは無いと言ってもいいでしょう。ただしボーナスセールや年末年始セールでは価格に差がでることがあります。

管理人は「ここがいい!」というBTOショップは無いです。今はセールで価格の低いショップを買うことにしています。

ドスパラとフェイスは前に買った時不備があったから敬遠中(ボソッ)

値段についてですが、この記事でまとめた条件で購入するとどこのショップでも13万5000円前後(税込み)になります。

なお余談ですが昔、パソコン代金を支払った後に某BTOショップが潰れ、商品が届かずお金も帰ってこないという悲劇に見舞われた方がいらっしゃいました。心配な方は代引きにしましょう。

最後に

知り合いにパソコンに詳しい方がいるのであれば、「こんな感じで買おうと思うけどどう思う」と聞いてみるといいでしょう。

購入後、ごく稀に不具合が出ることもあるので返品できるようダンボールなどはしばらくとっておきましょう。また、軽微な不具合やよくわからない設定が必要になることもあります。そこは勉強と思って調べてパソコンスキルをアップしましょう。

グラフィック能力の高いパソコンがあればFF14やドラクエ10、PSO2やドラゴンズドグマオンラインなど色々なゲームができるので触っておくのもいいと思います。最近ではほとんどのゲームで基本無料だったり初心者はプレイ無料だったりするので入りやすさは高いです。

というわけでパソコンについてまとめてみました。「ここは違うんじゃない?」とか「オレだったらこうするぜ」など意見や感想があればぜひコメントを頂ければと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『【MHW】モンハンワールド用パソコンの購入のポイントを解説!』へのコメント

  1. 名前:ななしのハンターさん 投稿日:2018/07/11(水) 22:59:24 ID:60f4e7232 返信

    オプション画面のスクショ見る限り1080p/30fpsどころか4K/60fps設定できるように見えるんですが…
    カタログスペックの誤植なのかスクショが詐欺なのか、公式は情報をハッキリ出して欲しい

  2. 名前:ななしのハンターさん 投稿日:2018/07/12(木) 06:23:35 ID:160916d7b 返信

    ※1
    推奨環境の高画質で1080p/30fpsを保証してるだけだから間違ってない
    もっとハイスペだと解像度もFPSも上げれるってことでしょう
    画質設定を落とせばおそらく推奨環境でも60fps程度は出ると思うけど

    SSDに関しては書き込寿命があるのは確かですが、HDDと比較した場合だと故障や寿命はSSDの方がタフネスである場合が殆どです
    PCで最もわかりやすく快適になる部分なのでSSD無しは個人的には推奨できませんね
    SSDにOSやゲーム蔵を入れてHDDを様々なデータ保存用として使う、なんてのもオススメです

    電源については容量も大事ですが品質を見分ける指標として80+というものがあります
    ブロンズ以上が付いていればある程度安心かなと思います