【MHW】ウラガンキン堅鎧玉事件の真相とアプデ情報!

スポンサーリンク

モンハンワールドにて、不具合修正のアプデ2.01が4月4日9時に行われます。ついでにウラガンキン事件の真相を発表!


アップデートVer.2.01 の概要
配信日

4月4日(水)9:00

主な変更点
  • アップデートVer. 2.00で行った「竜の一矢を制限範囲角度以上に発射できる不具合の修正」の影響で、ターゲットに照準を合わせてから最速で竜の一矢を発動した際、プレイヤーが照準方向に向ききらないことがある現象を確認しました。
    プレイヤーの向いていない方向にあるターゲットに素早く照準を合わせても、照準を向けた方向に竜の一矢を構えることができるように修正します。
    なお、竜の一矢の構え中に可動範囲外に照準を向けた場合はプレイヤーの正面に竜の一矢を発射します。
  • 闘技大会のアイテムウィンドウの並び順が装備を決定するタイミングで変化してしまう不具合を次のルールで固定化するよう修正をします。

    【詳細】
    ①カーソルのデフォルト位置から、装備情報で確認できるアイテムポーチの並び順に左から右に並べる。
    ②次に固定アイテムを砥石→捕獲用ネット→釣り竿→肉焼きセットの順に左から右に並べる。
    ※弓やボウガン選択時は砥石は表示されません。
    ③最後に特殊装具を左から右に並べる。

  • その他不具合の修正

ついに竜の一矢の修正が入りますね。その他不具合の修正ということで何かこっそり修正されるのかもしれませんネ。

おまけ情報

公式データブックにより「ウラガンキン達が転がります!」事件の真相が判明!

報酬テーブルは・・・

上鎧玉×1(45%) 上鎧玉×2(33%) 尖鎧玉×1(19%) 尖鎧玉×2(3%)

堅鎧玉はテーブルにありませんでした!!

低確率で出るということもなかったのです。何回も回したのに・・・(;ω;)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする